メンタルトレーニングの一つルーティンの役割

完全に熟達したルーティンを完成するには、いくつかの段階の過程を経て、相当期間の繰り返し訓練を経なければならない。

まず、選手の適正覚醒レベルの範囲を把握しなければならない。 最もよい実行のための適切な覚醒レベルの範囲は、選手ごとに異なるからである。 メンタルトレーナーが実際の試合のシーンを撮影して、それを見ながら深層面談をしながらも試合現場の反復的な観察を通し把握していくのだ。

ここでは、選手が徐々に弛緩訓練を繰り返し実践して自分の覚醒検出能力を養うことが優先されるべきである。選手が自分の覚醒レベルが高いか、 低いか、または適切なレベルであることを知らずには調整が不可能なためである。

次は、選手の適正覚醒レベルに基づいて作成されたかどうかのルーティンを様々なスポーツ技術からなる行動ルーティンを合わせて行い完成させる。

選手やコーチとメンタルトレーナーが議論を通じて合意した総合ルーティンが完成したら、繰り返し訓練で確実に身につける。 少なくとも3ヶ月以上集中的に繰り返し訓練をして実行し機械的、習慣的であり、一定して、実行中にリラックスして、 自然に出来るようにする。

完成されたルーテインは、できれば変更せずに使用しなければならない。 もしやむを得ず変更するには相当の期間(3ヶ月)に渡って完全にしなければならない。運動技術のフォームを変える過程と同じである。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>