離婚訴訟は苦労と費用が必要になる

日本では夫婦間の話し合いで行う協議離婚が約90%となっています。

しかし夫婦間の話し合いで相手が離婚を嫌がった場合や金銭的なことでもめている場合でお互いにこれじゃあ納得できないとなった場合には家庭裁判所に離婚調停を申し立てることになります。

家庭裁判所の調停では調停員が2人の話を聞いて2人が納得する案のを提案して妥協できる部分を探りながら、2人が納得できるように進められます。

合意できないと次の段階の離婚訴訟ということになります。




家庭裁判所に離婚訴訟を起こし、裁判離婚を行っていくのです。

離婚訴訟を行うと同時に、慰謝料や財産分与、親権や養育費などのお金に関することも請求することができるようになっています。

協議離婚や調停離婚では離婚に至るまでの理由は曖昧でも構いません。

なぜならお互いが離婚することに納得することさえできればいいからですが、離婚訴訟となると相手に何らかの問題があって結婚生活を続けられないなどの理由や原因が必要になってきます。




原因を追究していく中で自分が思い出したくないつらいことなどを思い出して話していく必要があるので精神的な負担が非常に大きいです。

また、法律に知識が必要になるので通常弁護士をたてて争うことになるのですが、弁護士に依頼する費用は最低でも40・50万円かかるとも言われているので費用面での負担も大きくなります。

そのほか何度も弁護士と打ち合わせをして裁判所にも足を運ぶ必要があるので多大な労力が必要です。

調停を経てからになるので最低でも1年半、場合によってはそれ以上かかりますので、労力や費用が必要になってきます。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>